一年生になった王さま と にんげんになったニクマンジュウ
0
     我が家の森ガール娘ちゃん、
    とにかく本読まねえとやってらんねえよ。。。
    とかなんとか言って、
    毎日毎日本をむさぼり読んでる激読派女子でございますので
    週に一、二度は図書館に通わねば間に合わないわけですが、
    図書館に行けば、たくさん借りられて、たくさん読める!
    という娘ちゃんの本に対する欲求が満たされるのも
    もちろん素晴らしいところなのですが、
    図書館によって本の品揃えが様々なのも、
    また楽しめるところでもあったりします。
    たくさんの本棚に新しい本も古い本も一緒に
    並べられているところが、かえってお気に入りの本を
    見つけさせてくれたりします。
    森ムスメいわく、『古いのはだいたい面白い』
    のだそうで、多分たくさんのこどもたちによく読まれて
    年季も入ってこられた本は面白いということでしょう。(通訳)
    そんな古い本のなかでも、すでに絶版になっている本なんかに
    出会ってしまうと、やっぱり図書館スゲーーな!
    といささか興奮気味になっちゃう単細胞親子。

    最近見つけた面白い絶版モノですが



    当時(1980年ですっ)毎日童話新人賞を受賞した作品で
    ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、
    ドーナツこくのソフトクリームじょうに住まう
    キャンディ王さまが、一年生になって
    チョコレート小学校に通うお話です。
    小学校にはたくさんの家来たちが付いて来て、
    えんぴつを持つのも、おにごっこのじゃんけんをするのも
    おともだちとの砂あそびも、
    み〜〜〜んな家来たちがやってくれます。

    朝ご飯はドーナツとソフトクリームの王さま。


    家来に食べさせてもらう王さま。


    初めて教室で席につく王さま。(と家来)

    それを見たお友達に『王さまって赤ちゃんみたいね』と言われて
    キャンディ王さま、次の日からなんでも一人でやろうと
    頑張ります。

    頑張って草むしる王さま。


    校長先生のお庭も草むしる王さま。

    王さまなりに頑張る姿が、面白くて、ちょっぴり切ないのです。
    家来や先生たちに助けられながら、
    成長する王さまの可愛いお話。
    長新太さんの絵が、ソフトクリーム頭の王さまを
    可愛らしく描いていて、ワ〜〜イ!ツボです〜〜!
    amazonなどで探してみたけれど、販売されているところは
    見つかりませんでした。

    長新太さんと言えば、こちらは復刊モノ。


    2008年に新たに出版されたようなので
    現役で本屋さんに並んでいるかと思いますが、
    こちらもオススメです。
    読み聞かせる方も、思わず笑っちゃうニクマンジュウのお話。
    表紙のオジイサン、185歳だし。
    手にのってるのが主人公のニクマンジュウさん。
    王さまも復刊しないかな〜〜。
    | 09:40 | comments(0) | - |
    | - |

    どうぶつニュースの時間です。
    0


      一日に必ず一冊は新しい本を読まないと気が済まない
      読書オタクな娘ちゃんと、絵本ばかり読んでる
      活字嫌いのワタシの最近のお気に入りは↑この2冊。

      この本を書かれたあべ弘士さんは、
      もともと旭山動物園の飼育係されていて、
      『あらしのよるに』シリーズの絵を描かれた方です。
      他にもたくさんのどうぶつの絵本があるのですが、
      そのどれもが、動物に対する愛情が伝わってくるのと同時に
      ちょっとおかしいのです。

      この2冊は、全編どうぶつたちによるどうぶつたちのニュースが
      描かれていて、どのページもクスクスと笑ってしまう
      ユーモア満載の絵本です。
      なんかちょっとシュールな感じも非常に面白くて
      何度も読んでます。
      | 13:54 | comments(0) | - |
      | - |

      絵本セレクト
      0
         絵本のレコメンドがたまってきたので、
        ちょっとずつ整理することにしました。
        ○○歳でこの絵本ーのような選び方を普段全くしておらず
        読みたいと思えば字が多かろうと少なかろうと関係なく
        読めばいいさ〜〜〜!といういい加減なセレクトですので
        ほぼ備忘録のようなものですが、
        どれもワタシとムスメちゃんが読んで気に入った絵本&児童書です。
        絵が少なくてもストーリーが面白くて
        読み聞かせだけしたものも入っています。




        <左>『たんたのたんてい』中川枝季子さく・山脇百合子え
        <右>『たんたのたんけん』中川枝季子さく・山脇百合子え
        中川枝季子さん&山脇百合子さんの作品は
        ストーリーの可愛らしさや面白さに、優しいタッチのイラストが
        マッチしていて、大好きなシリーズです。
        作中には地図が付いていたりして、こどもの興味わしづかみデス。



        もりのへなそうる』わたなべしげお さく・山脇百合子え
        こちらも山脇百合子さんのイラスト。
        へなそうるという謎のゆるめキャラが出てくるのですが
        とにかく笑えます。
        最初はワタシが読んで聞かせたのですが、読みながらワタシも娘ちゃんも
        大笑いの一冊です。3さいのみつやくんもサイコーです。




        | 09:57 | comments(0) | - |
        | - |

        主役はタマネギ。
        0


           娘ちゃんの影響ですっかり絵本にハマるワタシ。
          図書館にあるた〜〜〜くさんの絵本の中から選んでくる
          娘ちゃんセレクトも面白くってツボです。
          ここ最近の読書家娘さんは『ねぎぼうずのあさたろう』シリーズに
          凝っておりまして、お家で大きな声で読んでくれるのですが
          お話の内容も、文章も、し、渋いです。人情です。浪花節です。。。
          だいたい畑に生えていたタマネギが
          『いてもたってもいられねえっ』ってんで(江戸っこ風で)
          土の中から飛び出して、『あさたろう』さんになっちゃうんだから
          お話の始まりからしてスゴすぎです。
          あさたろうさんのファッションも
          まわしがっぱに三度笠という素敵なイデタチ☆
          『ねぎじる』を飛ばして闘う粋なタマネギなのです。



           もう1冊は『ルドルフとイッパイアッテナ』
          野良猫のお話です。
          これは小学校中学年くらいからの読む本だそうで
          絵本じゃなくって、漢字も一杯で挿絵がちょっと入っています。
          寝る前に娘ちゃんにワタシが少しずつ読んでいる本です。
          ちょびっとの挿絵を見て、後は娘ちゃんのイメージの世界が広がります。
          そのためにワタシも棒読み厳禁です!
          登場人物(ネコだけど)のキャラ立ちさせることが必須であります!
          声を変えるくらいだけじゃ面白くないので
          のんびり屋にしてみたり、おとぼけキャラにしてみたり
          もうワタシの方が楽しんでます。
          (たまにやり過ぎて、ハッと我にかえってマス。。。)
          この野良猫シリーズはあと2冊続編があるようなので
          これが読み終わったら、読んでみる予定です。

          | 11:54 | comments(0) | - |
          | - |




          PR
          qrcode

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Profile
          New Entries
          Recent Comments
          Archives
          Category
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Link